シミを改善するアスタキサンチンとは?

 

 

ビタミンCやリコピンなど、シミに効果的な成分は多くありますが、なかでも効果が高いものは、アスタキサンチンです。アスタキサンチンは、植物由来の抗酸化成分です。天然の赤色色素で、サケやエビ、カニなどに多く含まれている、天然色素の一群であるカロテノイドの一種です。このアスタキサンチンの最大の特徴は、ビタミンCの6000倍、コエンザイムQ10の1000倍ともいわれる強い抗酸化作用です。

 

 

 

 

シミのおもな原因は、紫外線を浴びることで表皮に大量に発生する活性酸素ですが、この活性酸素が大量に発生してしまうと細胞にダメージを与えてしまい、シミになってしまいます。もともと人間には、抗酸化力という活性酸素を無毒化する力が備わっていますが、活性酸素の過剰な発生が続くと、本来持っている抗酸化力では足りなくなります。

 

 

 

 

また抗酸化力は、加齢によっても減少していくので、年齢とともに活性酸素に対応できなくなります。アスタキサンチンは、このような活性酸素を強い抗酸化作用で取り除くことで、肌のダメージを速やかに修復し、メラニンを抑え、シミを抑制していきます。そしてアスタキサンチンは、副作用がなく安全性の高い成分でもあります。

 

 

 

アスタキサンチンは、エビやカニなどの甲羅に含まれている成分であるため、これらにアレルギーのある人は使用できませんが、市販で扱われているアスタキサンチンはヘマトコッカスという藻から抽出された成分であるので、アレルギーの心配はないといえます。また、動物実験による毒性テストでも、目立った副作用は見つかっていないので、高い安全性を保っています。